Standard秋田[AKITA]

HOME » 秋田 » 野球

  • 2020.07.12

    野球|秋田|2020.07.12

    一戦一戦を大事に、全員野球で勝利をつかむ!           能代松陽高校

    一戦一戦を大事に、
    全員野球で勝利をつかむ!
    [能代松陽高校]

    3つの目標

     地区大会でまさかの一回戦負けを喫した後、部員たちの心の中には「一戦一戦集中して臨もう」という強い思いが生まれた。

     

     そうして迎えた県大会は「みんなで繋ぎ、みんなで凌ぐ」まさに松陽らしい試合運びとなった。

     

     初戦の秋田中央戦は、3―0とリードされていた8回、代打で出た柳原海凛(2年)が一気に4点取り逆転勝ちをおさめた。

     

     続く秋高戦、乱打戦の苦しい展開となったが、1番打者である神馬真翔(3年)が何度も出塁してチャンスを作り、投手の大髙勇心(2年)も最後までしっかり投げ抜き、粘りに粘って勝利をつかんだ。

     

     3試合目の由利戦では、あわや逆転されるかと思われた相手のヒットをフェンスぎりぎりでキャッチし、さらに途中出場の田村迅(2年)が盗塁するなど大活躍。
     

     決勝となった明桜戦では、千葉和也(3年)が先制点となる3塁打を打った後、大髙が見事守り切って勝利をつかんだ。まさに全員で勝ち取った頂点だった。

     

     大会時は1年生ながら県大会の全試合を一人で投げ抜いた大髙をはじめ、若い選手たちの活躍も目覚ましいが、そこには常に選手たちを気にかけるキャプテン・岸の存在が大きかった。

     

    「乱打戦の時は、大髙が苦しそうだなと思って何度もマウンドに行って声をかけました。自分の言葉に対してニッと笑った大高の顔を見て、あ〜大丈夫だなと感じたのを覚えています」。岸は頼れるキャプテンとしてチームを支えている。

     

     チームが掲げる目標は3つある。リーグ戦全試合勝利、地区公式戦優勝、そして県大会優勝。残念ながら秋は達成できなかったが、更なる高みを目指し個々のレベルを上げるべくトレーニングに励んできた。

     

     投手陣はスタミナをつけて体を大きくし、打撃は3番の森岡大翔(3年)や4番山田柊斗(3年)に下位打線が繋がっていけるように冬季の間励んできた。

     

     もう一人のキャプテン・岡部は「1年生も含め3つの代で一体感を持って全員で勝利を目指す」と力強く宣言する。松陽の“全員野球”が再び私たちに感動を呼び起こす。
     

    (Standard青森秋田vol.20 掲載)

     

    冬季間の地道なトレーニングが能代松陽の底力に繋がっている