Standard青森[AOMORI]

HOME » 青森 » バスケットボール

  • 2020.12.16

    バスケットボール|青森|2020.12.16

    3年生の悔しい思いを背負い
    再び頂点の座へ
    [八戸学院光星高校]

    撮影・文◉田仲敦子

    3年生の悔しい思いを背負い 、再び頂点の座へ    [八戸学院光星高校]

    新体制となり、1,2年生18人で練習に励む光星メンバー。持ち味の粘り強いディフェンスに磨きをかけ、見据えるは県大会優勝だ

    気持ちをひとつに、次こそ打倒柴田!

     「最後に柴田と戦えてよかった。負けたのは悔しいが、3年間やってきた中で一番楽しい試合だったので悔いはないです」。キャプテンを務めた北上玲奈(3年)は、晴れやかな表情で柴田戦を振り返った。

     

     ウインターカップ県予選、光星はノーシードで1回戦から登場。2回戦で、夏の代替大会の決勝で敗れた柴田と対戦した。「まさか2回戦で当たるとは思っていなかった」と北上。だが、組み合わせ結果がどうであろうと、目の前の試合を一つずつ勝ち上がっていくしかない。チーム残留を決めた8人の3年生を中心に、夏の雪辱を果たすべくハードな練習を積み重ねた。

     

     

     昨年、光星は最後の最後に柴田に勝利し、ウインターカップの出場権を手に入れている。その先輩たちの闘志あふれる姿を思い出し「自分たちも負けてられない」と奮起したメンバー。前半は相手にディフェンスを崩され大量失点したものの、後半は驚異的な粘りで追い上げ、柴田を苦しめた。結果は54対65。最後に意地を見せるも、あと一歩及ばなかった。 

     

     新体制がスタートし、現在は2年生9人、1年生9人の18人で活動している。新チームについて小笠原澪監督に聞くと「まだまだですね」と一言。プレー面、精神面においてチームの支柱だった3年生が引退し、ゼロからのスタートを切ったばかりだという。「まずは声掛けや基礎的な部分を固めて、1月の新人戦までにしっかりと準備をしていきたい」と表情を引き締めた。

     

     

     目標は東北大会出場。新キャプテンの佐々木瑠希乃(2年)は「自分から声を出してチームを引っ張っていきたい。新人戦は、ブロック予選を1位で通過して、決勝大会でしっかりと勝ち切りたい。優勝を目指します」と意気込んだ。

     

     

     新たな一歩を踏み出した後輩へ向け北上は「つらい時、苦しい時は全員で声を出して乗り越えてほしい。流れが来るまでチャンスを逃さず、あきらめずに頑張ってほしい」とエールを送る。3年生の悔しい思いを背負い、新人戦に挑む新チーム。気持ちをひとつに、次こそ打倒柴田を成し遂げられるか注目だ。

     

    1対1の練習で生き生きとした表情を見せる選手たち

    与えられた練習メニューを行うだけでなく、より高いレベルを目指し、全員で声を掛け合いながら取り組んでいる

    個々のスキルだけでなく、チームワークを高めることも目標のひとつ

    新チームキャプテンの佐々木瑠希乃。目指しているのは周りから応援されるチームになること

    ガード陣の成長がチーム躍進のカギを握っている。練習を積み重ね新人戦に挑む

    • 1